2008/01/15

高校サッカー選手権決勝:流通経済柏v.藤枝東の雑感

とりあえず結果はまぁこことかを見ていただいて、雑感。

昨日のエントリで決勝の展望を書いておきましたが、いやいや全然予想外。
そもそも上條が出てくるのが驚きました。
この時点で全然展望意味なしw
流経柏が右サイドハーフを削って中盤1枚を河合のマーカーにしてきて、歪な中盤で戦っていたところも意外でした。

いつもの中盤
 村瀬         田口
    中里   名雪(C)

決勝の中盤
 村瀬  
    中里   名雪(C)
      海老原
※実際にはCMF2枚がやや右サイド寄り

このヘンな形がまた絶妙で2枚のCMFが相手の2枚のDHをケア、余る村瀬はCBにプレス。相手の両WBはSBがケア。
つまり2枚のFWと村瀬で足下あんまし上手くない藤枝のCB3枚に執拗にプレスできる。
これが狙い通りで、藤枝のCBが無理に出すパスを他のメンバーが先読みでカット。
ほとんどこれの繰り返しで、繰り返すうちに藤枝東のメンバーがどんどん自身を失っていく様が手に取るように…

後半途中からは河合がサイドに開いたりして打開しようとはしてましたが,もともと一人だけマーカーが付いているのであまり効果的でなかったですね。
あぁ、開くならFWを縦にして流経のMFとDFの間に1枚置くとかしてればなぁ…とか、まぁいろいろ。

とりあえず時間が前後しますが、大前はめちゃめちゃ凄かったですね。全得点に絡む活躍。
1点目のアシストは2回のフェイントで付いていた3枚の藤枝の選手を翻弄してから、自分の空けたスペースに走りこむLSHの村瀬へのパス。
2点目は、上條のキープ&ヒール→大前のアウトサイドのシュート→右CMFが拾って逆サイドにクロス→角度のないところから大前のダイレクトボレー。あんなの高校生がやるプレイなのか?実際。
3点目も、上條が潰れて相手CBを巻き沿いにしてこぼれたところを大前。
4点目は大前のCKをLSHの村瀬が流して、途中出場の田口のボレー。
うーん、ほんとに流通経済柏自体が凄いんですが、大前は破格ですね。とくにプレースピードとキックの振りの小ささ。
流通経済柏は運動量が豊富で、フリーランも多く連動性が高い。例のオシメ大老が代表でやりたかったのはこんな感じだったろうか?と思った。

とりあえず、今大会最も面白いサッカーをした流経柏が優勝したのはよかったんじゃないですかね。
藤枝東みたいな運動量の少ないちょうど15年位前のスタイルのサッカーが勝つのはちょっと…なので。

そういえば流経柏は今大会最大で5本しかシュート打たれなかったらしいですね。藤枝は適当なシュートも多かったのでそれに意地をうかがってもしょうがないんですがw
一度くらい藤枝東には流経柏の真ん中を打ち破って攻めてみて欲しかったなぁ…結局今大会流経柏のセンターは1回も決壊せず。
初戦の久御山は、ややラッキーながらもよく1点奪いましたね、しかし。あれはシュートもよかったですが。

流通経大柏に5本のシュートを放ったチームは今大会初めて。「サッカー王国」復権を目指す静岡県代表の意地をうかがわせた。…

参考:高校サッカー:藤枝東、シュート5本 「王国復権」の意地 - 毎日jp(毎日新聞)

思い返せば千葉県予選決勝で当たった市立船橋は、今大会唯一流経柏とがっぷり四つで戦えたチームだったんだなぁと。
藤枝みたいに中盤が壊死せず、市立船橋の2枚のCMFはあのプレスの中でボールをキープしてパス回してましたし。普通に流経柏のセンターが破られていた。
まぁ、市立船橋のCMF2人は、2人ともJリーグ入りらしいのでそれくらい当然なのかもしれませんが。

とりあえずJリーグでなんとか頑張って欲しいすね。


はてなブックマークに追加! この記事をLivedoorクリップ! Yahoo!ブックマークに追加! del.icio.usに追加! ニフティクリップに追加! Buzzurlに追加! このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する BlogPeople Instant Bookmark に追加! newsing it!に追加! PingKingポッケに追加!

トラックバックURL

トラックバック URL :

コメント »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.177 sec. Powered by WordPress ME