2005/03/15

クラムボンの「てん、」モノmix盤を聴く(フォロー)

何日か前のエントリで、「モノミックスはかなり酷い出来。」と書いたけど、ここに来てふとモノミックス盤の方を手にとって聴いてみた。
そしたら意外と「いけた」。
数日ステレオ盤を聴きこんで聴く、モノミックス盤はまた違う趣き。
ステレオミックスは、音に空間な広がりがあるのに対し、モノミックスは、なんだか狭いスタジオでリハやってる窮屈な感じ。
ミックス違いっておもしろいなぁと凄く感じました。

でも何の先入観もなしに聴くのであれば、やっぱしステレオ盤の方が耳に馴染みやすいというか、現代人向きだなぁと思います。
1枚目ステレオmix、2枚目モノmixの方がよかったんでは?とかなんとか、結局また文句つけておきます(w
でも、こんなこと書いてるってことは、なんだかんだで聴いてるってことで結構いいアルバムすよ、たぶん。

「てん、」/クラムボン 「てん、」/クラムボン 

[2007-10-03 追記]
このエントリはかつて Blosxom 用に書いたものをスクリプトで自動変換したものです。真面目に確認していないので,デザインの崩れやリンク切れが残っています場合にはご容赦ください。

TagNo Tags
はてなブックマークに追加! この記事をLivedoorクリップ! Yahoo!ブックマークに追加! del.icio.usに追加! ニフティクリップに追加! Buzzurlに追加! このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する BlogPeople Instant Bookmark に追加! newsing it!に追加! PingKingポッケに追加!

2005/03/11

ベスト・オブ・フィッシュマンズ「空中」「宇宙」全曲目発表

フィッシュマンズベストの収録曲が公式サイトですべて発表されてた。
未収録曲などを集めたDISC2は、いろいろ気になるのが多い。
特に空中のTrack15.のNIYABINGHI BABY (analog 「MELODY」 1994)とか、宇宙のTrack05のSUNNY BLUE [HICKSVILLE MIX]とかが気になります。
NIYABINGHI BABYってナイヤビンギバージョンの「いかれたBABY」?ってことかな?

で、あとから気づいたけど、柏原譲氏のブログ「北極熊団 低音部 赤塚支所」でもこの記事が載ってた。
発売楽しみだな、これ。

空中 ベスト・オブ・フィッシュマンズ 空中 ベスト・オブ・フィッシュマンズ 
宇宙 ベスト・オブ・フィッシュマンズ 

[2007-10-03 追記]
このエントリはかつて Blosxom 用に書いたものをスクリプトで自動変換したものです。真面目に確認していないので,デザインの崩れやリンク切れが残っています場合にはご容赦ください。

TagNo Tags
はてなブックマークに追加! この記事をLivedoorクリップ! Yahoo!ブックマークに追加! del.icio.usに追加! ニフティクリップに追加! Buzzurlに追加! このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する BlogPeople Instant Bookmark に追加! newsing it!に追加! PingKingポッケに追加!

2005/03/07

あれ?もう「空中 ベスト・オブ・フィッシュマンズ」amazonで予約できるじゃん

2005/4/21にポニーキャニオンとユニバーサルから出る2枚組ベスト盤2タイトルのポニーキャニオン版の方ってもうアマゾンで予約できるんすな。
まだジャケも表示されてないけど↓(今にジャケも表示されると思います)
空中 ベスト・オブ・フィッシュマンズ 空中 ベスト・オブ・フィッシュマンズ 

こちらは、公式サイトの茂木さんの言葉を借りれば、「晴れ(昼)→夕暮れ時」をイメージした方。
夜→深い夜→夜明けの「宇宙 ベスト・オブ・フィッシュマンズ」も近々予約受付開始???

from PONYCANYON
「空中 ベスト・オブ・フィッシュマンズ」
PCCA-02127 ¥3,300(TAX IN) 2005年4月21日RELEASE

DISC-1 [BEST TRACKS]
01. RUNNING MAN (Alb「Neo Yankees’ Holiday」)
02. Go Go Round This World! (maxi single)
03. チャンス (Alb「Chappie,Don’t Cry」)
04. POKKA POKKA (Alb「宇宙 日本 世田谷」)
05. BABY BLUE (Alb「空中キャンプ」)
06. MY LIFE (Alb「ORANGE」)
07. Weather Report (Alb「宇宙 日本 世田谷」)
08. 忘れちゃうひととき (Alb「ORANGE」)
09. すばらしくてNICE CHOICE (Alb「空中キャンプ」)
10. IN THE FLIGHT (Alb「宇宙 日本 世田谷」)
11. SEASON (single)
12. ひこうき (Alb「男達の別れ」)
13. 感謝(驚) (Alb「ORANGE」)
14. いかれたBaby (single)
DISC-2 [RARE TRACKS & B-SIDES 1987-1994]

[追記]
2005/03/11
公式サイトでジャケが発表されてたので表示。
[2007-10-03 追記]
このエントリはかつて Blosxom 用に書いたものをスクリプトで自動変換したものです。真面目に確認していないので,デザインの崩れやリンク切れが残っています場合にはご容赦ください。

TagNo Tags
はてなブックマークに追加! この記事をLivedoorクリップ! Yahoo!ブックマークに追加! del.icio.usに追加! ニフティクリップに追加! Buzzurlに追加! このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する BlogPeople Instant Bookmark に追加! newsing it!に追加! PingKingポッケに追加!

クラムボンの公式HPがリニューアルしてる…

あれ???つい先日見たとき(週末いそがし過ぎて昨日だったのか一昨日だったのかすらわかない…)前のままだったと思ったけど、いつの間にClammbon OFFICIAL SITEがカッコよくリニューアルしてます。
一応HPには3/4って書いてあるけど、ホント???と疑いたくなってしまう。
僕の記憶の方がおかしいのかなぁ。酷くお疲れかも…僕。

[2007-10-03 追記]
このエントリはかつて Blosxom 用に書いたものをスクリプトで自動変換したものです。真面目に確認していないので,デザインの崩れやリンク切れが残っています場合にはご容赦ください。

TagNo Tags
はてなブックマークに追加! この記事をLivedoorクリップ! Yahoo!ブックマークに追加! del.icio.usに追加! ニフティクリップに追加! Buzzurlに追加! このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する BlogPeople Instant Bookmark に追加! newsing it!に追加! PingKingポッケに追加!

今更だけどクラムボン「てん、」

さて、何日か聴いてみたところでのクラムボンの新譜「てん、」に触れてみる。
最初に断っておくけど、聴き始めてから数日たった時点での意見であるので将来的には全然違うことを言ってる可能性も高い。

「てん、」/クラムボン 「てん、」/クラムボン 

全体として、一応3,4日聴けてるからいいアルバムなんだろうなぁと思う。
今回は「アルバム全体として方向性を変える」というよりは今までやってきたことをいろいろやってる感じ。
もっと詳しく言えば3枚目の「ドラマチック」を土台に「id」と「imagination」のアイデアを付け足した感じだ。
そのため斬新な実験的要素が少ないから、聴きやすい曲が多いって言えると思う。
クラムボンの実験的な側面が好きな人にはあんましおもしろくないのかも…逆に、今までクラムボンを聴いてない人とかが聴いてみるといけるかもしれない。
あと、今回原田郁子嬢が歌い方を微妙に変えたような気がする(気のせい?)。
まぁ、それでも「いかにもクラムボンなアルバム」になっているので、POPな歌が好きな人には一聴の価値はあると思う。
僕的にはアリなんで。

曲として一番聴いてるのは、Track1の「バイタルサイン(ステレオ)」。(ここで試聴できる)
ジャンルとしては(あくまでもクラムボン的な)ロックなんだけど、アルバムの中で歌メロが単純に一番いいから一番聴いてる。
「ドラマチック」に入ってた「恋わずらい」の延長線上にあるような曲で、イントロのベースのハーモニクスのアルペジオ(だと思う)のフレーズが思わずにやける。最近僕が気に入ってるベース2本入りな感じで。
(ステレオ版の方だけど)左のスピーカーから強く聴こえるピアノの音が妙に馴染んでない気がするけど、歌がいいので許す。

ドラマチック/クラムボン ドラマチック/クラムボン 

で、まぁ他の曲は他の誰かのレビューを読んでもらうとして、触れておきたいこととしてはミックス、特にモノミックスがちょっと気になった。
一応、わざわざモノとステレオの2枚組になっているので、モノとステレオの2mixも「てん、」のウリのひとつのはずだと思う。
しかし、ミト氏には悪いかもしれないが、モノミックスはかなり酷い出来。
全体的に各楽器が分離というより遊離してしまっていて、一体感なく聴こえる。
なにを意図して、モノミックスが行われたのかはよくしらないけど、臨場感とかを狙っているなら、録音手法そのものを変える必要があったんじゃないかな?と思った。
結果として、ただただチープな音になってるだけです…
個人的にはミックス違いの2枚組にするなら、1枚目にステレオミックス版で、2枚目はもっと本気のDUB mixを聴いてみたかったなというのが正直な意見かな。てかステレオ版だけの1枚組でよかったよ、別に。

あ、それと今作は妙にピアノの音が軽い気がするだけど、僕だけ?

[追記]
後日ステレオミックス盤を聴きこんでから聴いたモノミックス盤はまた違った趣でした。それについてはトラックバックのエントリで書いてます。
[2007-10-03 追記]
このエントリはかつて Blosxom 用に書いたものをスクリプトで自動変換したものです。真面目に確認していないので,デザインの崩れやリンク切れが残っています場合にはご容赦ください。

TagNo Tags
はてなブックマークに追加! この記事をLivedoorクリップ! Yahoo!ブックマークに追加! del.icio.usに追加! ニフティクリップに追加! Buzzurlに追加! このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する BlogPeople Instant Bookmark に追加! newsing it!に追加! PingKingポッケに追加!

HTML convert time: 0.217 sec. Powered by WordPress ME