2006/06/19

W杯10日目感想

日の丸vs.クロアチア 
これに触れるのは無理。
ヨシカツよくやった。
FWはシュートしろ。
稲も結構よかった、小笠いらんからスタメンで。

セレソンvs.豪州 
前半…オーストラリアがいいのか?ブラジルが微妙なのか?日本戦の影響か?つまらん試合。
後半…ロナウジーニョからロナウド出たところに,オージーのDF3人で詰める。
3人も行ったらもんんだからアドリアーノがほぼフリー。
あっさり出されてブラジル先制。
Jap.のためにもここからカーニバルが見たいところだったんだが…
その後豪州のパワープレイで押されてるし、セレソン…
となってた展開に投入間もないフレッジの一刺しで。終了~。
うーん、まさに日本がやりたかった展開…
しかもそのまま2-0で終わるしなぁ。せめて3-0にしていただけるとよかったんだが…

この試合ゼ・ホベルトとルッシオのバイエルンコンビの守備が鬼だったな。
あ、あとこの試合でエメルソンにイエロー出た。
これで日本戦は出てこないでくれるか???
とりあえずブラジルでカード1枚もらってるのはこの4人だが…
カフー、エメルソン、ロビーニョ、ロナウド
体力温存も含めどんな面子で来るんだろうか?
ルッシオとゼ・ロベルト出てこないで…

フランスvs.韓国 
フランスがマケレレ、ヴィエラの鬼プレスで主導権。
そして、前半9分。ヴィルトール→アンリであっさりフランス先制。
うーん、しかし韓国どうした?
マケレレ、ヴィエラの鬼プレスが効きすぎてて正直何もできてない。
特にマケレレおかしいわ、やっぱ。
で前半の30分くらい,ジダンのCK→ヴィエラヘッド
これが微妙な判定。
スーパーセーブなのか?否か?
これね↓うーん、確かに横から見るとギリで割ってないのかも…欧州の報道では絶対割ってるってことになってるらしいけどね。

試合はそのまま後半へ…
後半もフランスのプレスは激しい。
韓国は70分ごろ、アン・ジョンファン投入。
この時間帯にはさすがのフランスも疲労からか?特にヴィエラのプレスがぬるくなっていたので韓国に回されだす。韓国の攻撃の時間帯。
で勢いそのままに81分。
チョ・ジェジンのヘッドでの折り返しをパク・チソンが根性で押し込みゴル。
いやぁ、日本もこんくらいの気概見せてくれよ…
あとバルデズがポロポロ、ボールこぼしてんだけど、よくこんなGK使うな、フランス。

で、まぁあとなんだかんだで終了。
フランスは次ジダン出れず。これで終わっちゃうの?ジダン…

[2007-10-03 追記]
このエントリはかつて Blosxom 用に書いたものをスクリプトで自動変換したものです。真面目に確認していないので,デザインの崩れやリンク切れが残っています場合にはご容赦ください。

はてなブックマークに追加! この記事をLivedoorクリップ! Yahoo!ブックマークに追加! del.icio.usに追加! ニフティクリップに追加! Buzzurlに追加! このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する BlogPeople Instant Bookmark に追加! newsing it!に追加! PingKingポッケに追加!

トラックバックURL

トラックバック URL :

コメント »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.135 sec. Powered by WordPress ME