2006/06/18

W杯9日目感想

ポルトガルvs.イラン 
見れず。
凸が出てきたようで見たかったな。
どうも凸入ったら機能したっぽいすね、ポルトガル。

チェコvs.ガーナ 
試合開始早々のギャンのゴルで始まった試合でしたがいやぁなかなかの好ゲーム。
基本的には、前半はガーナの激しいプレスにまったく回せないチェコの構図。
まぁガーナはイタリア戦もいいプレスしてたし(そもそも面子も凄いし)チェコは元々回せないからなという話はあるが、頼みのコラーがいないのでパワープレイにもいけない。
ネドベド、ロシツキー、プラシルあたりのドリブル⇒ミドルでアタックするのみ。

後半は、チェコがもう少し前に出てくる。特にヤンクロフスキは相当高めに。
これでやっとチェコが押し始めるが、逆にガーナのカウンターが決まり始める。(特にチェコの左サイド)
チェコは何度も危ない画面作られるもののツェフがナイスセーブ連発。
と思ってたらガーナ、PK獲得。
キッカーギャンが決めた!
と思ったら、ウイファルシが抗議で一発レッドしてやり直しに…
そしたらギャンのPKがポストに…
結果的にウィファルシのナイスプレー!!
その後はとにかくツェフタイム。連続好セーブ。
うわーこれ駄目かな?
と思ったら、ムンタリ来た。
ヤンクロフスキのスペースを執拗に突き続けたのが活きた形。
これでチェコの気力も耐えてそのまま終了。
あ、最後の最後にチェコのチャンスあったけど、キングストンがファインセーブ。

しかし、2試合とも見た感じではホントにガーナは僕好みのサッカーをする。中盤が素晴らしい。
クラブチームみたいな中盤だ。
絶対トーナメントまで行ってほしいなぁ。

ところでなんでガーナは点取るとイスラエルの旗を主張?
 ←このちょっと映ってる旗、なんで?

イタリアvs.USA 
ジラのゴールまでは見れる試合だったんですが…
彼↓が試合を破壊…
一応ポジティブに考えるとグループEは3節目おもしろいすな。
イタリアvs.チェコのガチンコ勝負とか。

 ホルヘ・ラリオンダ
国籍: ウルグアイ
役職: 主審
参考:2006FIFAワールドカップ - ホルヘ・ラリオンダ
[2007-10-03 追記]
このエントリはかつて Blosxom 用に書いたものをスクリプトで自動変換したものです。真面目に確認していないので,デザインの崩れやリンク切れが残っています場合にはご容赦ください。

はてなブックマークに追加! この記事をLivedoorクリップ! Yahoo!ブックマークに追加! del.icio.usに追加! ニフティクリップに追加! Buzzurlに追加! このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する BlogPeople Instant Bookmark に追加! newsing it!に追加! PingKingポッケに追加!

トラックバックURL

トラックバック URL :

コメント »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.166 sec. Powered by WordPress ME