2005/02/16

未来の受験生は、誰にも読まれない小論文を書かないといけない件

未来の受験生は、小論文すら機械に採点されるようになるようです。
なんかマークシートみたいに正解が絶対的に存在するなら機械が採点する方が間違いがないからいいとは思うけど、文章を機械がってのはちょっとねぇ。
大体、これって結局受験生は「誰にも読まれない小論文」を書かなくちゃいけなくなるってことだからなぁ。

それと模範に近いほど高い点数を与える仕組みってのは大丈夫か?
それって予備校とかで模範解答が配られて、全員同じ文章丸暗記っていう流れが簡単に予感できるんだけど…
どうやら、未来の受験生は「小論文」ってゆー暗記科目がもうひとつ増えるのか?大変だな。

 入試で出題される小論文をコンピューターで自動採点する試みが大学入試センターの研究者のもとで進んでいる。

 試作システムは「Jess」(ジェス=Japanese essay scoring system)といわれる。

 Jessは、あらかじめ、理想の小論文として全国紙の2年分の社説、コラム計約2000本を記憶し、「学習」している。文の長さ、漢字・かなの比、言葉の多様さ、受動態の割合、接続詞の使い方などの統計分布から割り出し、模範に近いほど高い点数を与える仕組みだ。

参考:小論文、コンピューターで自動採点 入試センターが試作 - asahi.com : 社会
[2007-10-03 追記]
このエントリはかつて Blosxom 用に書いたものをスクリプトで自動変換したものです。真面目に確認していないので,デザインの崩れやリンク切れが残っています場合にはご容赦ください。

TagNo Tags
はてなブックマークに追加! この記事をLivedoorクリップ! Yahoo!ブックマークに追加! del.icio.usに追加! ニフティクリップに追加! Buzzurlに追加! このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する BlogPeople Instant Bookmark に追加! newsing it!に追加! PingKingポッケに追加!

トラックバックURL

トラックバック URL :

コメント »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.172 sec. Powered by WordPress ME