2005/01/27

赤ちゃんがマグナムを発砲して怪我

アメリカで赤ちゃんが357マグナムを発砲して、怪我したそうな。
別に赤ちゃんが打った弾が当たって怪我したわけではなくて、反動で銃を撃った赤ちゃんが怪我…

ちなみに357マグナムって↓らしい。結構デカイ。

で、2歳児が発砲なわけです。そりゃ怪我するわな。しかも、2歳児ってもっと小さい?し、マグナムはもっとでかいんすから。

しかし、警察の発表した銃火器保存の注意書きで「全ての弾薬は”武器”本体と一緒に保管しないこと」って書いてあるけど、それって強盗とかの緊急時に役立たないような気がするけど、どうなんだろう?

この報告を受け、事件が起こったメーサ郡では警察により以下の「注意書き」が発表された。

  • あらゆる銃火器は弾を抜き、ロックした場所に安全に保管すること
  • 保管場所にカギがかけれない場合は、手の届かない、見えない所に保管すること
  • 全ての弾薬は”武器”本体と一緒に保管しないこと

参考:AZOZ BLOG: よちよち歩きの幼児(2歳)、357マグナムを発砲してケガ
参考:TheDenverChannel.com - News - 2-Year-Old Fires .357 Magnum Handgun

[2007-10-03 追記]
このエントリはかつて Blosxom 用に書いたものをスクリプトで自動変換したものです。真面目に確認していないので,デザインの崩れやリンク切れが残っています場合にはご容赦ください。

TagNo Tags
はてなブックマークに追加! この記事をLivedoorクリップ! Yahoo!ブックマークに追加! del.icio.usに追加! ニフティクリップに追加! Buzzurlに追加! このページを POOKMARK Airlines の行き先に登録する BlogPeople Instant Bookmark に追加! newsing it!に追加! PingKingポッケに追加!

トラックバックURL

トラックバック URL :

コメント »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.145 sec. Powered by WordPress ME